面接のときに否定的なことを言われたら

面接の時の緊張を少なくする方法 面接のときに否定的なことを言われることがあります。例えば、あなたはこの会社に向いていない、と言われることがあります。こんなことを言われたら、ショックですが、できるだけ気にしないことが大切です。面接官は実際に向いていないと思っているわけではありません。否定的なことを言われて、冷静さを保てるか調べています。このような面接の仕方は圧迫面接法と言われて、面接のときに使われることがあります。否定的なことを言われたら、それを正面から打ち消さないで、やんわりと肯定的なことを言うのが良い方法です。例えば向いていないと言われたら、確かにそんな面はあるかもしれませんが、もし採用されたら、自分の強みを生かして一生懸命に働きますと言えばよいです。

面接官は何人もの人に面接をしているので、人の性格を見抜くことに長けています。ですから、否定的ことを言われて、かっとなったり、おろおろすると良い人材ではないと判断されます。会社で働くのは良いことだけではありません。不愉快な思いをすることもあるでしょう。そんな時に怒っていたら、仕事を続けられません。圧迫面接法は会社に入ってから、人間関係で失敗しないか調べる方法だと割り切るようにしましょう。

関連記事・情報



Copyright(c) 2019 面接の時の緊張を少なくする方法 All Rights Reserved.