面接での挨拶の基本とは

面接の時の緊張を少なくする方法 企業面接の基本は入室から始まっています。まずドアの前に立ち2回軽くノックします。ノックをすると「どうぞお入り下さい」という声が聞こえたら、入室をするようにします。いきなり返答もないのに入室をしないように心掛けることで、失礼のない対応ができるようになります。もし応答がない場合は再度ノックをしてみて、それでも応答がない場合はドアを開けて入室します。その時には「失礼します」という言葉も忘れないようにします。

緊張を解くにはドアの前で軽く深呼吸をしておくと、面接でもスムーズに受け答えができるようになります。入室の際には、ドアを少し開けて、面接官の目を見て挨拶しますが、小さな声では相手に聞こえませんので、はっきりとした口調で挨拶をすることが重要になります。もし複数の面接官がいる場合は、中央に座っている人の目を見て挨拶をすることで対応ができます。挨拶は「失礼します」で大丈夫ですが、「ま」と「す」の間が伸びたりしないように、また語尾が伸びたりしないように注意をしておくことです。言葉の合間が伸びてしまうと、印象が悪いので注意しておくことです。面接の基本的には「失礼いたします」というのがベストになります。

関連記事・情報



Copyright(c) 2019 面接の時の緊張を少なくする方法 All Rights Reserved.