就職面接のシチュエーション

面接の時の緊張を少なくする方法 就職面接のシチュエーションで最もポピュラーなのは、2人か3人の採用担当者と対峙することでしょう。学生側は1人と言うのがほとんどですが、グループで受けることもあります。そして、質問されたことに対して答えていくわけですが。法廷のような緊迫したイメージを持つ人も多いでしょう。そう言うこともあって、緊張する人が続出するわけです。しかし、面接は法廷のように事実だけを淡々と述べるところではありませんし、それほど緊迫した雰囲気もありません。採用担当者はプラス要素がどれだけあるかを見ているからです。

もちろん、和気あいあいとした雰囲気ではないですが、プラス要素を見るのに緊迫した雰囲気ではいけません。それは、採用担当者も十分分かっています。リラックスさせようとしてくれるでしょう。ですから、受ける側も過度に緊張してはいけません。人生がかかっているので、緊張してしまうのは仕方ないです。しかし、緊張するとパフォーマンスが低下してしまいます。気を緩めるのはいけませんが、ある程度はリラックスしないといけません。リラックスして臨むには、事前の準備が重要になってきます。それが完璧にできれば、緊張することもなくなるでしょう。

関連記事・情報



Copyright(c) 2019 面接の時の緊張を少なくする方法 All Rights Reserved.