面接官から自社には向ていないと言われたら

面接の時の緊張を少なくする方法 面接を受けていると「小社はあなたには向いていないのではないか」「入社して馴染めなかったらどうしますか」などと聞かれることもあります。これらも圧迫面接の一つと言えますが、会社としてはすぐに退職する人は採用したくないという事情や、再度入社への意欲を確認したい意図があります。

こうした質問を受けた時にはまず冷静になり、相手の意見を一旦受け入れた上で改めて志望する意欲を伝えるのが基本です。その会社は十分な企業研究を行った上で応募先に選んだこと、面接官から向いていないと指摘された点については、具体的な例を挙げながらそれを改善するための努力をしていくつもりであると、柔軟な姿勢と熱意をアピールします。経験よりも性格や意欲が採用の判断基準となる新卒者であれば、自分は粘り強い性格でもあり簡単には諦めないと答えても良いでしょう。しかし、何度の転職経験があり各職場を短期間でやめている応募者がこうした答えをしても説得力はありません。

又、それまで応募先よりも規模が大きい会社や、条件の良い職場に勤務していた転職者に対しては「前の会社の方が適していたのではないか」と質問されることもあります。その場合には、応募先の会社でなければできない仕事がしたいので志望した、という答え方もできます。

関連記事・情報



Copyright(c) 2019 面接の時の緊張を少なくする方法 All Rights Reserved.